子供

女の子にぴったりのランドセルを選ぶ方法を伝授

好みの色は早めに選ぶ

女の子

落ち着いた色が無難

小学校の入学は4月なので、年が変わってからランドセルを選べばよいと考えがちですが、最近では夏前にはランドセルを選ぶ人が増えています。これは人気のある色のランドセルがどんどんなくなってしまうためです。特に女の子用のカラーはバリエーションが多く、メーカーの全体の製造数は決まっているので、1色あたりの製造数は男の子のものと比べると少数になってしまいます。しかも男の子は色へのこだわりはあまり持っていない子が多いのに対して、女の子は同じピンク系でも微妙な色合いにこだわる子も大勢いるため、色にこだわりを持っていて定番の色が好きでない女の子は夏前には選びにいくと良いでしょう。女の子の好きな色や飾りがついているランドセルを選びたがりますが、6年生になっても恥ずかしくなく使えるものを選ぶべきです。6年生になると、女の子は精神的な成長が早いため、落ち着いたカラーの方を好みがちです。好みの色を複数選ばせて、その中から最も落ち着いた色を選ぶと上手くいくことが多いです。小さな1年生が大きなランドセルを背負って通学するので、少しでも軽いランドセルを選んであげたいものです。しかし、軽量化されている人工皮革と牛革のランドセルを比較すると200g位しか重量は変わりません。通学距離が何キロもあるような場合は少しでも軽いランドセルを選んであげた方が良いかと思いますが、15分程度で学校に着く位であれば、実際の重さよりも背負ったときの感覚で選んだほうが間違いありません。